HOME > ニュース > 800/松谷竜太郎

ニュース

2015/07/21

800/松谷竜太郎

さて、この数字は?

前回の冥王星のニューホライズンズからデータをダウンロードする際の
回線速度です。単位は・・・・「bps」。素(す)の「bps」です。メガもギガも頭に
付きません。

bpsは bits par second ・・・・ bits/sec の略です。

bitは0か1を表すコンビュータの世界の最小単位です。

例えば、8bitを1byteで表現する場合。

バイト 意味
00000000 = 0
00000001 = 1
00000010 = 2
00000011 = 3

という様に2進法で表現します。

ニューホライズンズから、電波回線で、

000001001010111010101000100100101010100100101010…………….

こんなデータが延々と送られて来ています。
電波の速度は光と同じ、しかし回線速度が針の様に細い800bps。
私たちがスマホでダウンロードしている回線速度はギガ単位のbps
なのでいかにも遅い。
20150728-1

7月14日に最接近をして観測したデータを全てダウンロードするのに
1年半もかかるそうです。

なぜ、この数字にひっかかったかというと・・・・

33年前に初めての小売業様向け基幹システムを開発した時のこと。
本部、店舗間のネットワークの回線スピードが1200bpsだったなあと
思い出したからです。そして、ユーザからの要求で納品時の検収
入力をリアルタイムにデータベースに反映し、即時に買掛計上、
ベンターには支払予定通知が可能になるという、画期的なシステムを
プロジェクト全員が真面目に実現出来ると信じて取り組んでいました。

結局リアルタイムについては回線ネックとメインフレームの
能力不足で断念し、バッチ処理での構築となってしまいました。

当時はネットワーク技術者もシステムエンジニアも一緒くたになっていて
専任のネットワーク技術者など存在しておらず、SEが兼務していたので
すが「bps」の「b」を「bits」ではなく「byte」で計算していたという落ちが
ありました。要するに、設計時の諸元値試算誤りによるHW、NWの
選定ミスが原因ということでした。しかし、冷静に考えてみると
「byte」が「bits」で正しく計算されていたとしても大勢に影響はなく
当時の機器構成ではとうてい実現不可能だったのだなと、システム
完成後にしみじみと思ったものです。(byte:bit = 8:1)

800bpsでも立派に任務遂行する技術開発をしたNASAの皆さんは
とてもすばらしいと思います。

拍手

20150728-2