HOME > ニュース > 343 /松谷竜太郎

ニュース

2014/11/25

343 /松谷竜太郎

333333333       444      333333333
      333      444             333
      333     444 444          333
333333333    444  444    333333333
      333   4444444444         333
      333         444          333
333333333         444    333333333

さて、この数はなんでしょうか?

正解は、私の自宅(浅草)から会社(東上野)まで徒歩で通勤した際に肉眼で目視出来たタバコの吸殻の数です。
2.4kmの道程がありますから、7mに1つ落ちていたことになります。

「マナーからルールへ。そしてマナーへ」
千代田区の標語です。2002年10月に条例を普及するためのものだったと思います。
とても良い標語だと思いました。そして、しばらくの間は路上喫煙者が激減しました。

今は・・・・・

悲しいことに・・・・街を歩くと、ほぼ間違いなく歩きタバコと遭遇します。

なぜ、ルールを守れないのでしょうか?

○東京都台東区ポイ捨て行為の防止に関する条例
http://www1.g-reiki.net/taito/reiki_honbun/g107RG00000559.html
○東京都台東区ポイ捨て行為の防止に関する条例施行規則
http://www1.g-reiki.net/taito/reiki_honbun/g107RG00000560.html

「まちの美化向上のために

 台東区では「ポイ捨て行為の防止に関する条例」により、区内全域において空き缶や紙くず・たばこの吸い殻の
 ポイ捨て行為を禁止するとともに、歩きたばこをしないよう努めることを規定しています。また、喫煙等マナー
 向上を推進し、喫煙しない人と喫煙する人が共存できるようさまざまな形で働きかけています。
 台東区が国際観光都市として、きれいで安全な街をアピールしていくためには、まちの美化を推進する必要があります。
 ポイ捨て行為の防止に関する条例の周知やポイ捨て・歩きたばこの防止について一人ひとりに喫煙等マナーの向上を
 ねばりづよく働きかけていきます。
 区民の方々、地域の諸団体の方々と連携を図りながら、まちの美化向上を推進いたします。」