HOME > ニュース > 273/松谷竜太郎

ニュース

2014/12/09

273/松谷竜太郎




数字シリーズ?第2弾!

当社は新御徒町駅A1出口にほぼ直結しています。
この駅はつくばエクスプレス(TX)と大江戸線があります。
私は悪天候時にはTXで浅草から新御徒町まで電車通勤します。

TXのB3から当社(5F)までの階段の段数が273です。
電車通勤時はエスカレーターを使わずに階段を昇ります。



通勤時は片足1kgのアンクルウェイトを両足に装着しています。かれこれ3年目くらいかな。つけ始めのころは四六時中装着していて、出張時の空港のチェックイン時に装着したのを忘れて何度もゲートをくぐりなおしたことがあり、それ以来通勤時のみの装着にしました。つけっ放しだと違和感も重さも感じなくなってしまい、ベルトを外し、もうズボンを脱ぐしかないと足元に目線を移した時にようやく気がつきました。係員の方には大変ご迷惑をおかけしました。反省しています。

さて、階段で思い出すのは山寺の立石寺。


高校時代部活の東北大会で宿泊した時に寄りました。芭蕉の句そのままの風情に若輩ながらも感動したものです。
その感動を息子にもと思い、長男が6歳の時に単車(400CC)のタンクのところに乗せてツーリングして山寺に泊まりに行きました。当時は二人乗りは高速道、自動車道ともに乗り入れ禁止で、5分程度で抜ける自動車道のトンネルを通ることが出来ず、峠道を迂回し息子は極度の車酔いになってしまいました。かわいそうに、6歳の息子はふらふらになりながらも、山寺に到着。後日(中学生くらいかな)、「山寺は良かったろう!」という問いに息子は「怖かった。」の一言。
車酔いで弱ったところに宿泊した宿のパワースポットぶりにしびれたようです。宿は繁忙期だけ営業している様で本当に何かが出そうなところでした。息子には違った意味で感動と思い出を与えてしまいました。


私には山寺の静寂は良い記憶として残っています。
今度は家族全員で行ってみたいと思います。

山形つながりで・・・・
すごい歌手がデビューしていました。

朝倉さや