HOME > ニュース > 新年/Den-O

ニュース

2015/01/08

新年/Den-O

2015年 新年おめでとうございます。

「メラビアンの法則」はご存じの方も多いかと思います。ここ数年の企業セミナーの中心はコレですね。
情報伝達(コミュニケーション)では視覚情報/聴覚情報/言語情報の3つの要素で構成されておりこの内視覚と聴覚のノンバーバルによる伝達が93%を占めています。
というのが法則の概要となっています。

改めて視覚や聴覚からの情報が素晴らしい効果を生み出すものであると実感したものがあります。

サッポロビール社のCM「第91回 箱根駅伝」

ご覧になっていない方はこちらをご覧ください。

http://www.sapporobeer.jp/cm/hakone/

セリフ・ナレーション
仲間のために、一秒でも早く。

仲間のために、一秒でも早く。

「区間記録とは、その思いの結晶だ」と
記録を作った選手たちは、口を揃える。

しかし、彼らはこうも言う。
「記録は抜かれるためにある」と。

自分の記録が抜かれたとき、駅伝はまた一歩前進する。
だから彼らは、後輩たちに、こう発破をかけるのだ。

抜いてみろ。「抜けるものなら」。

新しい星をつかみとれ。

サッポロビールは、今年も箱根駅伝を応援しています。

乾杯をもっとおいしく。サッポロビール

60秒のCMで語られるナレーション。
「文字」だけを見た時に受けるインパクトとCMを見て受けるインパクト。

特に「抜いてみろ。「抜けるものなら」。」のセリフでは戦略的な間が空けられています。

仕事の現場ではメールによるバーバルコミュニケーションが多いですが是非今年は「ノンバーバル」に意識を持って積極的に【視覚】と【聴覚】によるコミュニケーションを公私ともに実践していきたいと思います。

今年の抱負。って感じですね。